とりとめもなく

今朝、庭の水やりに外に出てみると

スカシユリの蕾が開いていました。

e0382397_11042646.jpg
花びらが一枚、折れてしまってかわいそう。

バラがひと段落して、これからはアジサイやユリが咲いてくれます。


数年前、滋賀県のびわ湖箱館山ゆり園に遊びに出かけたことがありました。

冬はスキー場になっている箱館山は
シーズンオフにも観光客を呼ぶために山頂付近にユリを植えていて
ふもとの駐車場からゴンドラに乗って上がっていくのも楽しかったです。

出かけた日は湿気の多い日で霧がかかり
残念ながらゴンドラから琵琶湖の景色を楽しむことはできなかったのですが


e0382397_11092696.jpg
e0382397_11092628.jpg
e0382397_11092615.jpg
PCの画像フォルダを整理していたらこんな写真が残っていました。

肝心のユリの花の画像は、どうやら削除してしまったようで(もしかしたら別の場所に保存しているのかも)

↑これらの画像の他に残っていたのが↓


e0382397_11091930.jpg

ユリのソフトクリームです(笑)

美味しかったものだけ画像を残しているなんて、いかにも食いしん坊の私らしい、
思わず苦笑してしまいました。


食いしん坊といえば

我が家は夫婦そろって食いしん坊!
毎年、人間ドックの時期がやってくるとじたばたしなくてはならない食生活を送っていました。



6月最初の月曜日、

毎週月曜日は
週の半ばあたりまでの食材の買い物に行くのをルーチンにしています。

献立は特に立てず、スーパーに行って目についた野菜やお肉・魚などを適当に買って
3日間ほどをその食材で賄います。


以前は毎日買い物に行っていて、
その日に食べたいものを思いつくまま買っていました。

ある時、友達と食費の話をしていて、
夫婦二人の生活にわりに食費をかけすぎていることにふと気づき
(気づくの遅すぎ、でも夫が喜ぶのであれこれ季節の食材を買い込んでいました)

PC用のフリーの家計簿ソフトをインストールして
我が家の食費がどれくらいかかっているのかを記録してみますと……

あらま、これはいけない!

健全な家計にするべく、食材の調達を見直し、
基本的に買い物は週に二回。
足りないものはそれだけを買い足すか、代用できそうなもので間に合わせる、
そういう風に改めました。


毎日、買い物に行っていた時と比べると
今、食費は3分の1くらいになっています。

と、こんな話をしつつ、
e0382397_15542564.jpg


今日のおやつ


これは買い物でたまったデパートのポイントで支払ったので
お財布からは現金は出て行きませんでした(笑)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimonotonekoto | 2018-06-04 20:47 | つれづれ | Comments(5)

三連休

三連休

世間様の事ではありません。
我が家の夫……

毎年金曜日は授業の予定を入れないことになっています。
外部の仕事や補講のための予備日として取ってあるからです。

で、結果的に何も予定が入らないと大抵木曜日の夜に
『明日は出かけないから』(← これ、お出かけしない、という意味ではなくて大学にはいかない、という意味です)


このセリフが出ると
(あぁ、出たよ、やっぱりね)と私は心の中で小さくため息をつく、というシステムになっています(笑)


普通のお勤め人と違って、比較的時間が自由になる職業なので
込み合う土日を避けて美術館へ行ったり買い物に行ったり、
平日のお休みを有効に使えるという利点がある反面、
在宅率の高い夫には、もれなく「昼ご飯を家で食べる」ということも付随してきます。


そんな休日のお昼ご飯。


e0382397_19420624.jpg


我が家は基本的に朝は和食なので夫のいる日のお昼は
麺類やパンにすることが多いです。

今日はホットケーキを焼きました。

缶詰の甘夏と冷凍してあったMIXベリーを添えてみました。

お茶は、白桃のフレーバーのついたダージリンティー。


お昼ご飯を済ませて、今日は美容院へ。

3週間に一度のヘアカラーです。

前回カラーをしてもらってから今日で19日。

出来れば込み合う日曜日を避けて次の水曜日あたりに行きたかったのですが
明後日、火曜日に友人たちと出かける予定が入っていて
月曜日は美容院がお休み、なので
夫に留守を頼んで出かけてきました。


夕方、帰ってみるとテーブルの上に

e0382397_19420625.jpg
(フォーカスかけすぎ)


留守中に庭のバラを剪定した夫がグラスに切り取ったバラを挿していました。


前回、剪定した時に、無残にもまだ咲いているバラをゴミのバケツに捨てていたのを見つけ、
ちょっと文句を言ったことがありました。

「花がかわいそう、どうしてそのまま捨ててしまったの?」


どうやら学習能力があったようです。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimonotonekoto | 2018-06-03 20:02 | つれづれ | Comments(4)

水屋箪笥 - 私の台所

NHK 趣味どきっ! で放送していた 『私の好きな民芸』を楽しみに見ていました。

若い頃から古いものが好きで、
まだお小遣いもそう多くなく、とても手が出ないのに
高校生の頃から骨董屋さんや百貨店の古美術の催事などに足しげく通っていました。


ニュウや欠けがあって手頃な値段で売られている小さなお皿や蕎麦猪口などを手始めに
集め始め、仕事を持つようになってからはかなり背伸びをして李朝ものの壺を買い求めたりもしました。

猫と暮らすようになって、本当に大切なものは物置の奥深くにしまってしまいましたけれど
季節の移ろいに合わせて少しずつ器を飾って楽しんでいます。


古い日本家屋を中途半端にリフォームしたこの家に移り住むと決めた時、
備え付けられていたほとんどの家具調度品は処分したのですが
唯一、残した水屋箪笥


e0382397_16395121.jpg
夫の祖父母が愛用していた近江水屋箪笥です。

欅の木目が美しくてどっしりと大きなこの水屋箪笥に一目惚れ。
それまでの家で使っていた食器棚は本棚に転用して
食器類はすべてこの箪笥に収め、収まりきらなかったものは思い切って処分してしまいました。


この水屋箪笥の向かい側に流し台


e0382397_16395559.jpg

冷たい印象のステンレスとの対比もなんとなく気に入っています。



道具類が目につくところにあるのがあまり好きではないので
この大きな箪笥と、8畳の広さの台所の壁面いっぱいに備え付けられた
収納たっぷりのシステムキッチンは、この中途半端な(実は不満いっぱいの)この家の中で
私のお気に入りの場所になっています。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimonotonekoto | 2018-06-02 17:13 | 生活の中のお気に入り | Comments(4)

洗える着物でお稽古へ

1週間のご無沙汰でした。

(このセリフをご存知の方は私と同年代ですね 109.png

前回の記事を書いた翌日、母の体調が思わしくないとの連絡があり
また実家へ戻っていました。

体力が落ちているのも気がかりではあるのですが
一番の問題は被害妄想のような症状が少しひどくなっていることです。

〇〇さんが私の悪口を言って歩いている、
誰かが宝石類を盗んでしまった

事実とは異なることを、思い込んでしまうと記憶の修正が出来ずに
思い込みを自分自身の中にどんどん刷り込んでしまって
いくら「そうではないよ」と話しても、もう母の中で認識の上書きが出来なくなっているようです。

様々な役所関係の手続きも、

「明日行く!」
「明日は土曜日だから月曜になったら行こうね」

こんな調子で、
まるで子供のように
思いついたらすぐにそうしないと我慢できないようになってしまっています。


母の妹(10才違い)とその娘(私にとっては従姉妹です)がすぐ近所に暮らしていて
ほぼ毎日のように顔出して声をかけてくれるので本当に助かっています。

叔母たちと、お願いしているヘルパーさんたちの助けがなければ
私は今の暮らしを続けていくことは難しい、
どういっても京都へ来ることを拒否し続ける、
介護施設に入ることも拒否し続ける母を、一人でおいておけるのも
全ては周りにいて見守って、手助けしてくれている人たちのおかげなのです。


私の実家は、私の知る限り4代続けて女系で家を繋いできていて
私の父も、祖父も、曾祖父も、そのまた上のおじいさんも婿養子
母は家付きの総領娘で、小さい頃から家の後継ぎとして育てられてきたせいか
昔から人の言う事に耳を貸さないところがあります。

最近の母はそういうところがバージョンアップしている感じ。

いつか、私の生まれた家の話も書いて記録に残していきたいと思っています。



さて、一昨日の日曜日は少し久しぶり(と、思ったら2週間ぶり、というそう久しぶりでもない間隔でした・汗)
のお茶のお稽古


気温は30℃越え

この日は、洗える着物、シルックの単衣小紋を着て出かけました。


e0382397_15230037.jpg
お太鼓がひょこ歪んでいます。
手先を長くとりすぎてタレの長さがギリギリになってしまい
『だらりの帯』にならないように、とお太鼓を仕上げる時にぴっぱったら
歪んでしまったようです。(鏡を見ずに着付けるのでこんな失敗がよくあります119.png


帯は、絹に銀糸でアラベスク模様が織り出されたもので
銀糸の分量が多いのでザラっとした手触り。
単衣の季節によく締めます。

e0382397_15230020.jpg
おはしょりの始末がぐずぐずです。
ポリの着物はどうしても正絹着物と比べると生地の納まりが悪いような気がします。
(気のせい?かな。 私の着付が下手なだけかも)
姿勢もだらしない(涙)

やはり着姿を画像で見るのは反省点やコーディネートの様子が客観的にみられていいですね。

ちなみに、この場所はいつもお稽古をつけていただいている宗匠のお宅の玄関前です。



庭のバラがそろそろシーズンを終え、アジサイとバトンタッチしています。
今年はアジサイの花が咲くのがいつになく早いような。

平安時代の日本は亜熱帯だったとか。
(平清盛の死因はマラリアだったという説があるそうです。)


e0382397_15563289.jpg
紫陽花(墨田の花火)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimonotonekoto | 2018-05-29 15:57 | 着物まわり | Comments(2)

男だったら一つにかける

東京からのお客様に手土産をいただいた、
と夫が紙袋をぶら下げて帰ってきました。

あ、熊本出張からは「疲れた、疲れた」の言葉をお供に無事に戻ってまいりました^_^;

今日はちゃんと出勤、
大学にお客様があってお土産を頂いた、との事。


e0382397_00443070.jpg

e0382397_00443292.jpg


開けてみたら最中でした。

えっと……

これって、ウケ狙いでしょうか?
それとも、美味しい最中なので是非どうぞ!
ごく単純にそういう事なのでしょうか?



テレビで時代劇を放送しなくなって、
今の若い人たち、銭形平次を知ってるのかしら?

大川橋蔵さん、目張りがキリッと入って綺麗な役者さんでした。

子供の頃、親が見ていたので必然的に私も毎週見ていて、舟木一夫さんの歌う主題歌を、
学校の登下校に歌ってたような、歌ってなかったような(笑)

寛永通宝という言葉、古銭のことを知ったのもこの番組だったと思います。


ひと昔前までは年末に時代劇スペシャルのような長時間番組を放送していて、
虚実取り混ぜ、時代劇ヒーローをみんなが知っていたように思うのですが、

例えば、歌舞伎などに興味のない若い人が、
忠臣蔵を知らない、なんてことも今では普通のことなんですね。


毎年、12月に入るとお茶のお稽古で
陣太鼓の描かれたお茶碗を使ったりするのですが、
陣太鼓がなんだかわからない、
討ち入り、といっても「何ですか?知りません」という返事が返ってくることが増えました。


最も、私も、私の親世代からしたら当然知っていると思われることを知らない、ということが自分では気付いていないだけで色々あるのでしょうね。

銭形平次の最中、なかなか美味しいお味で、
ごちそうさまでした。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimonotonekoto | 2018-05-21 23:38 | 美味しいもの | Comments(0)

50代最後になっても物欲が止まりません


by 雨子
プロフィールを見る
画像一覧