初メリカリな訪問着

『はれのひ』騒動で、持ち逃げされた振袖や帯が出品されているのでは?と疑惑がもたれているメルカリ

これまでオークションと言えばヤフオク!しか利用したことはなかったのですが
昨年末、初めてメルカリを覗いてみました。


これ、本来の意味での『オークション』ではないですね、
競り合わず、即決の値段で出品されているのだから
仮想の空間を借りて物品販売している、ということなのですね。

こういう、価格が決まっている、ということもメルカリを覗いてみるまでは知らないことでした。


以前、NHKの番組で(番組名は忘れてしまいました)

断捨離のアドバイザーが、洋服を処分したいけれど捨てるのには抵抗がある、という
中年ミセスにメルカリへの出品の方法を、一緒にやることで説明する、という場面が放送されていました。

あ、今唐突に思い出しました、確か、『助けて、きわめびと』だったような
いや、もしかしたら『あしたも晴れ!人生レシピ』だったかも。

頼りない記憶力です。

まぁ、それはどうでもいいのですけれど。

その時、ミセスが断捨離したかったのは
デザインが古めかしいジャケット
色も地味で、何年前の物なのか、襟のデザインもダーツの取り方も
ひと昔、ふた昔前の物?と感じるものでした。

アドバイザーの助言に従って、
自然光の中で写真を撮り、値段を決めて(その時いくらに設定したのかは放送されていなかったような)
クリック一つで簡単に出品。
そして、ものの数分後には売れてしまった、

そんな場面が放送されていました。

その時、

あぁ、こんな時代遅れのジャケットでも(値段がいくらかは知らないけれど)
買う人がいるんだな、

と、思ったものです。


そんな私が初メルカリ

e0382397_12201692.jpg
ポチッしたのはこれ↑

綸子の訪問着です。

しつけが付いた未着用とのことで
サイズが ジャストマイサイズ

お値段は?

送料込み、2万円でした。

これって、高いのか、安いのか?


雪持笹の図柄は12月・1月くらいしか着られないし
ましてやその二か月間に訪問着を着る機会はそんなにないし。
出品者さんが個人の方のようでしたので
ダメもとで購入してみました。


手元に届いて、確認すると
商品説明通りシミや汚れなどなく、
しつけが付いたまま。
和服独特の保管臭もありませんでした。

ただ、しつけを抜くとき、絹糸がきしきしときしむ音がして、
仕立てたばかりの物のようにはすーーっと抜けてはくれませんでしたので
かなり年数の経っていることがわかりました。


けれども、今私が好んで来ている着物の何枚かは
まだ私が18.19才くらいの頃に実家の母が誂えてくれた30数年越えのものなので
着物というものにとっては経年はあまり気にしなくてもいいのかなと思います。

何より、着物はこの数百年、その形を変えずに来ている召し物ですから
柄行を見て(あぁ、これは昭和の中頃に流行った柄ね)ということはあるけれど
襟の形が昔の流行、等ということは決して無いのがいいところ。


さて、この初メルカリ訪問着

初釜最終日のお水屋仕事に着て出かけました。

まさか、メルカリ、とは思っていないだろう社中の方に
「いい柄ですね」と何度か褒めていただけたので
2万円はお買い得だった、と言う事にしておきます (^^)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
by kimonotonekoto | 2018-01-11 21:00 | 着物まわり

50代最後になっても物欲が止まりません


by 雨子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る