反省の夜に

母の介護認定更新の立会いのために実家へ出かけたり、
その他諸々、片付けないといけない事もあって少し間が空いてしまいました。


今夜は反省。

その訳というのは。


夫は今日、外で飲んで帰る予定がありました。

元々、アルコールが大好きで若い頃からお酒にまつわるエピソードには事欠かない人ですが、
齢を重ねるにつれ、家で待つ身の私には心配なことも増え、
夫自身も酒量を減らさなくては、と思うところもあって、最近では最初の乾杯だけ、後はウーロン茶やジンジャエールなどでお付き合いをするという風に変わって来ていました。

今夜は楽しい夜だったのでしょう、
久しぶりに帰りが遅く、
なんとなく嫌な予感がしつつ起きて待っていました。


いつもならどんなに遅くなっても、チャイムを鳴らし、私が玄関を開けるのが我が家のシステム(?)なのに、

どうしたわけか、今夜、
夫は自分で鍵を開け、
私がその音に気付いた時には
我が家の猫が外に走り出してしまっていました。


あっ、と言いつつ、ぼんやり立っている夫に、

「どうしてチャイムを鳴らさず玄関を開けてしまうのよっ‼︎」

そう、かなりきつい口調で言い捨て、
猫が走った後を追って家の裏庭へ回りました。

夜中の2時過ぎ、
真っ暗な中で、猫の首につけた鈴の音が小さくチリチリと鳴って、
音のする方へ向けて、名前を呼びました。

普段、リードをつけて表側の庭で日向ぼっこや気分転換の庭散歩をする以外は
バスケットに入って病院に行く時しか外に出たことのない我が家の猫です。

猫の活動時間の夜、
外に脱走して興奮しているのか
戻ってこようとしません。


家中の電気をつけて、漏れてくる灯りの中で
かすかに見える猫のシルエットに向けて優しく名前を呼んでも、
近づいて来ては捕まるまいと離れて行く猫。

暗くて寒くて、不安で泣きそうな気持ちの私は、猫の脱走の原因を作った夫が腹立たしく、

酔っ払いながらも、
ごめんね、ごめんね、と言う夫に返事もせず、

ひたすらに猫を家の中に戻すことだけを考えていました。


しばらくして、外が怖くなったのか、
それとも冒険に飽きたのか、
猫がそばに戻ってきたところを抱き上げ、
ホッとして家の中に連れ入りました。

e0382397_03451813.jpg



夫は、
猫が無事に戻ったことに安心した様子で、

また、
ごめんね、まさか飛び出ると思わなかった、
ほんとにごめんね、
と私に謝り、


猫が戻ってホッとした私は、
謝る夫に向かって、またもや

どうして黙って玄関を開けたのっ!
いつだって、何時になったって起きて待ってるのはわかってるでしょう!
チャイムを鳴らさず勝手に入ってこないでよ!
無事に戻ってきたから良かったけどあのまま捕まえられなかったらどうなってたと思うのよっ!

そう、腹立ち紛れに責める言葉を投げつけました。


冷え切った身体を温めるためにお風呂に入り湯船に浸かっていると気持ちが落ち着いて、

そうすると、なんて酷い言葉を夫に浴びせたんだろう、と申し訳なさでいっぱいになりました。


夫は普段から私にとても優しく、
他の誰も出来ないような気遣いをしてくれる人なのです。
私が、主婦として当たり前の事をしていても
そのことに対して感謝の言葉をかけてくれる、

自分が悪いと思えばいつでも、ごめんね、と言ってくれる。

それなのに、
私ときたら、夫にきつい事ばかり言って
酷い妻なのです。
夫の愛情と思いやりにあぐらをかいて、
感謝を忘れてしまうのです。


お風呂から出た私に、

ほんとにごめんね、

と言ってくれる夫に対して、

心の中では酷い事を言った、と反省しているのに、
素直に、私も酷いこと言ってごめんなさい、と謝ることが出来ず、
とにかく猫が無事で良かったわ、としか返事できませんでした。


もっと夫に優しくしたい。
感情に任せて酷い事を言ったり冷たい態度をとる事をやめなくては。


これまで何度もそう思っているのに
いざとなるとそうできない、

いつまでたっても反省が身につかないのです。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by rinnrinn530 at 2018-02-08 07:57
おはようございます。
大変な夜でしたね。
お気持ちよーく分かります。
きっとご自分が思うほどの冷たい態度とはご主人様は思っていないと思いますよ。
Commented by kimonotonekoto at 2018-02-08 12:27
> rinnrinn530さん
りん さま

こんにちは。
コメントありがとうございます。

今朝、二日酔いの夫は「昨夜のことは猫が脱走したことしか覚えていない」と言っていました。
相当酔っていたみたいです(*_*;

私も、昨夜の脱走事件の事にはもう触れず、
出かける背中に、いつもよりは少し優しく
「気を付けていってらっしゃい」
と送り出しました。

この反省がいつまで続くか自信はありませんが(笑)
by kimonotonekoto | 2018-02-08 03:40 | つれづれ | Comments(2)

50代最後になっても物欲が止まりません


by 雨子
プロフィールを見る
画像一覧