新しい楽しみ 『私の好きな民藝』

イギリスで製作されたドラマが割と好き

アメリカのドラマも面白いと思うものもありますが
シリーズが長く続いてくるとキャラクター同士があっちやこっちとくっついたり離れたりが
ストーリー展開のメインになってくることが多くなるように感じて
そうなるとなんだか見る気がしなくなってしまいます。

イギリス制作の番組は時代考証やキャラクターの設定など、(一概には言えませんが)時間をかけて丁寧に作られている印象があります。


毎度のことですが、楽しみに見ていた番組のいくつかが
年度替わりで終了してしまい、残念に思っていました。

好きなのは、
少し前にNHKで放送されていた『ダウントン・アビー』
つい先日まで放送されていた『刑事モース ~オックスフォード事件簿~』
『シャーロック』
随分前の作品ですが、ディビット・スーシェ主演の『名探偵ポアロ』や
『ミス・マープル』のシリーズ など

普段はCSのAXNミステリーチャンネルを見ていることが多い我が家のテレビ事情

他には和の伝統芸能を扱ったEテレの番組

Eテレの番組の中では『趣味どきっ』のシリーズを興味深く見ることが多いです。

ついこの間までは『三月のライオン』も毎週楽しみに見ていました。
古田織部を主人公にした『へうげもの』といい、
NHKって結構アバンギャルドっていうか、マニアックなラインナップやってるんですよね。

後、マニアックなところで『笑う洋楽展』 これも終わっちゃいました(涙)

何を隠そう、実は私はみうらじゅんさんが割と好きです。
見た目はね……ですけどね(笑)
でも、彼の独特の感性や仏教に対する造詣の深さ
そういうことを感じさせない照れ屋なところ

「みうらじゅんさんが好き」というと

「変わってるねぇ~」 とか
「えぇっ!あの人って気持ち悪いっ!」

たいていそういう反応が返ってくるので
実生活では口外しませんよ、決して。 (^^;)


で、えっと何の話でしたっけ。

そうそう、テレビ番組の話でした。

4月から、何を楽しみに見ようかなぁ、と思っていたら


が始まりました。

1回目のテーマは南部鉄器

その制作工程から現代作家さんの作品までを紹介していて
とても面白い25分でした。


そこで、我が家の南部鉄器をご紹介します。

e0382397_16423117.jpg
まずはお決まりの鉄瓶

アラレの模様が入っています。

普段はついつい便利なのでティファールの電気ケトルを使っていますが
鉄瓶で沸かしたお湯のまろやかさは格別です。

お茶の席で頂くお白湯もとても美味しいものですが
あれもやはり鉄のお釜で何度もグラグラと沸いては水を差し、するので
何ともまろやかな美味しいお湯になるのですね。



こちらは↓

e0382397_16423004.jpg

蚊取り線香入れです。


我が家にタイガーがやってきてからは煙がタイガーに悪いかと思い使っていませんでした。


今日、録画しておいた『私の好きな民芸』を見ていたら
フラワースタイリストさんが南部鉄器の鉄瓶や器を利用して
とても素敵に花を飾っていらして、
あら、こんな使い方もできるんだわ、たしか蚊取り線香立てがあったはず、と
久しぶりに引き出しの奥から出してみました。

新しい楽しみがまた一つ。

この虫かご型(?) 鈴型(?)を花器として再び生活の中に活かそうと少し楽しくなりました。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
[PR]
by kimonotonekoto | 2018-04-05 17:51 | つれづれ | Comments(0)

50代最後になっても物欲が止まりません


by 雨子
プロフィールを見る
画像一覧